水元興業を知る


職人の仕事紹介

軽量鉄骨組(LGS)

壁を組み、天井を組み、鉄骨で建物の枠となるような骨組みを鉄骨で作っていく仕事です。ここが内装の第一段階。

図面を見ながら全てを組み立てていきます。建物が大きくなるほどミリ単位の違いで仕上がりが違ってきます。


軽量鉄骨組(LGS)
石膏ボード貼り

石膏ボード貼り

鉄骨が組めたら壁紙を貼る前の土台を作ります。骨組みに石膏ボードを寸法通りきっちりと貼ることが大切です。

職人の上手下手によって仕上がりが変わります。正確性が求められる仕事なので細かい作業をしっかりとできる必要があります。

クロス貼り

石膏ボードが貼れたら、その上にクロスを貼っていきます。ここが一番大事な部分です。

お客様が室内に入ったときに目につく部分なので、仕上がりによって満足度が変わってきます。

継ぎ目がわからないように、傷や汚れをつけないように細心の注意が必要です。

クロス貼り
床(長尺物)貼り

床(長尺物)貼り

床の土台となるベニヤ板やコンクリートパネルの上に床材を貼ります。

ほんの1ミリでも段差ができてしまうと、歩いているときに引っかかりを感じるなどの問題が生じます。

土台に段差を見つけたらパテで加工をして修正をしたりもします。


現場管理職とは

現場管理職とは、現場の全てを手配して管理する職種のことです。

一人でいくつもの現場を担当し、担当する現場へ職人の手配、材料の手配、ゼネコンさんとの工程打ち合わせをし、職長さんへ打ち合わせをするなど、現場の工事が円滑に終わるようにあらゆる業務をこなします。

通常は、社長や役員が仕事を取ってきて、現場の管理だけを任せることが多いですが、弊社では見積もりを出すところから全てを現場管理職に任せています。

また、工期に対して遅れが生じていれば人員の増員を行い、工程が増えれば追加の見積もりと手配をするなど、現場の工事が全て終了するまでの対応も全て行います。

最終的な入金までをお願いしていますので、他の会社ではなかなか担当することができない仕事を経験できます。


見習いから職人までの道

一日の流れ

まずは現場に8時までに集合します。8時に朝礼をして工程の確認などを行います。

見習いの頃は、親方について親方の指示で行動をします。

親方に教えてもらいながら、ひとつずつ覚えてください。実際にやっているところを見ながら、自分で実際にやってみて、全てを現場で覚えます。

17時になると仕事は終了です。


入社後は、親方が1カ月~2カ月の間、指示出しをしてくれます。2カ月くらい経った頃には先読みして行動できるようになるはずです。

1年目は、がむしゃらに目の前のことをやっているうちにあっという間に過ぎていくことでしょう。2年~3年もすれば、一人前の職人になっているはずです。